ほぼ毎日更新するはずだったログなのに、超たまに更新。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
手で刷る、手で漉く。その共通課題。

最近は活版室の見学の方も増えてきた。本格的に活版印刷の受付をスタートするのが1月末。現在はその下準備として、技術と機械のパワーアップが続いている。

んで、竹村活版室には手キンという、ひとまわり大きな手押しの活版機が到着。これまではアダナという小さな活版機でやっていたのが、この手キンの導入でだいぶ進化した。鉄筋ラウンジ工作所謹製の台もいい感じに出来て、これまで事務机の上で無理矢理やっていた作業もスムーズに進むようになった。


なんかウチでこうして活版印刷に取り組む嫁を観ていると、手漉き和紙の現場に立つ職人の友達たちとだぶる。



一枚一枚、

手で「刷る」か、

手で「漉く」か。



そのために、たくさんの準備すべき工程があって、守るべき技術があって、守るべき職がある。


和紙なら楮や三椏等の素材栽培にはじまり、皮はぎやへぐりの人役あたりまではある程度分業化している。それで、ある程度基礎的な処理のされた素材を購入して、そこからまた煮たりチリを取ったり色んな工程を経て(この工程は、先月4日間伊野で職人の友達にミッチリ仕込まれたので、ゆっくり書くつもり)、ようやく紙になる。

職人と話していて重大な問題となっていることを知ったのが、この素材供給部分の問題だ。楮農家は高齢化している上、へぐりまでの処理をする人も減っている。イベントで楮蒸しをしても黒皮をへぐる作業まではやらないので、実際にはメッチャ使える素材、ということにはならないらしい。


活版も同様。これも先月東京でオールライト工房の皆さんに東京の活版印刷屋さんや活字屋さんをたくさん案内してもらったのだが(これもゆっくり書く)、鉛を溶かして活字を作る活字屋さんは東京でも数えるほどになっているうえ、そもそも活字の原本ともいえる母型を作る人自体がほぼ無くなってしまっている。こちらはなんとか自分たちでも栽培できないことはない楮よりもある意味危険水域に達していて、あと数十年もすれば「活字」で印刷する活版印刷自体がなくなりかねない。

和紙も活版も、そうした伝統系の産業に共通する根深い問題を抱えているわけだ。


残念なのは、こういう活版や和紙をはじめとする伝統回帰の流れが最近はあるけれど、案外こういうのを「ただの流行」や「メッチャビジネス」でやろうとする企画屋が多くて、だいたいそういうバックボーンまでは考えていないことが多いことだ。「活字」自体はなくなってもしゃーないんちゃう?アートでいくしかないんちゃウ?とか言う人も会ったことがあるけど、それじゃあただの版画だ。また、薄利多売的な考え方でやっても、そもそもの活版文化の基礎部分を破壊することになりかねない。・・・てか、そもそも高知は手に職のない企画屋が幅を利かせすぎだ。活用方法の話をしてたら何でも守れると考えてるんじゃないか?まあおいらもそっち系なので恥ずかしいけどw


かつて和紙や活版が主役だった時代と違ういま、和紙も活版も原料から製品までの一貫する流れや工程を保持してはじめて価値があるのではないかと。和紙の原料が全部中国産で、活版の版はぜんぶ樹脂版とかで、なんていうのは、やっぱなんか変だもん。ふつうに。だけど、そんなふつうは、伝えようとしなければ誰も知らないまんまだ。そこにある価値をどう伝えるのか、というのはものすごい難しい。

守るべき技術と、守るべき職。

ちなみにこの手キン、刷ってみると文字の出方が全然違うので、名刺やショップカード、DMも出来のメリハリが全然違うのが良くわかる。特にスミがきれい。

んで、一個一個新しい印刷が上がるたび、その都度口角の緩み切った嫁を見ることになるのだ。



続きを読む >>



東西軸活性化プラン、まとめ時期に突入。
最近は図書館や歴史館の陰になり、あんまり目立たない東西軸活性化プランもいつのまにやらまとめ時期。おいらも東西軸のいろいろある委員会のうち、中心街活性化のプロジェクトチームに入っているんだけど、委員会での議論は毎回みごとに消化不良。おいらは病気や出張で2回連続で欠席中だけど、出席している方何人かにどーでしたー?って聞いても、おしなべて「うーん」というお答えばかり、という状況が続いているよーだ。


続きを読む >>



単純化
高知ってすぐに物事を単純化するよなー
最近つとにそー思うのだ。
某かの成功体験がそうさせるのか、たとえば龍馬、アンパンマン、四万十、はりまや橋への異様ともいえる寵愛は、その他の資源を悉くつぶしちゃいそーな一点集中思考だし、とにかく何かが受けだすと途端にそっちに流れて行く。龍馬はそーいう流されるタイプじゃなかっただろーにとか、純信お馬も周囲の動きなんぞ無視して駆け落ちしたタイプだろーに、なんか「流されて」たり一つの動きや人や事象、場所にグイーッと引き寄せられていく。

東西軸構想の商店街PTで配布される資料やパブコメとかを見ていてもその傾向は結構強くて、たとえば「お城への景観を整えたい」となると追手筋のクスノキを切ったらいいとか、城内の邪魔な高木を切ったらいいなんていう意見が平気であったりする。
また、中央公園とかでも浮浪者がたまりつつあるから木をちょっと切ったりしようなんていうのもあるんだけど、周囲のビルから公園を見ると結構「森」みたいに見えていい感じなわけだ。それが本来の行政として浮浪者が生まれる構造を変えるより「居場所」を減らすというだけのために、「森」がただの「林」やそれ以下のものになったりする可能性を孕んでいる。

なんか冷静じゃない。邪魔な木を切ればその逆からも邪魔なものが見えるかも知れない。たったひとつのことに傾注する前にヨソも見たら、いいものがあるかもしれない。その逆の立場や、そうでない立場、それ以外の立場、といった「周辺」への関心がないと、なんかいっぱいもったいないことにつながっていくよーな気がする。





銀座で日曜市


銀座で日曜市。
土佐の日曜市はおばちゃんたちとの絶妙な掛け合いが面白い。
普通に居眠りしてたり、風が強ければさっさとたたんだり。
実際見ないと面白くないのが日曜市で、
実際見てしまうとその面白さにやられてしまうのが日曜市なのだ。

だけど、そんな日曜市がいつまでも「台無し」になっている。こたびの東西軸プランでも、日曜市が抱える後継者問題や空きコマ問題、店舗業種の均一化、距離が長過ぎること(昔より業種が均一化されたので、飽きてくる=長い)といった根本的な課題への抜本的対応がまだ不足している。そして広報PRも、たぶんどっかの代理店が受けてどっかのデザイナーがポスターを作って終わるんだと思う。
が、日曜市はデザインじゃ伝わらないんだよね、どうにも。数年前にあった日曜市のポスターなんてひどいもんで、それでわざわざ高知まで来るかおい?みたいなポスターだった。でも、実際作るのはすごい難しいなあというのもまたはっきりしてて、よさこいと同様にとっても「デザインしにくい」観光資源だと思われる。


続きを読む >>



東西軸中間まとめに関するパブコメ。
はじめてパブリックコメント的なものに提出してみた。 
いまネット上を、リアルを騒がせる「東西軸」構想。 
あまりのろくでなさに多くの人を驚かせたこの構想、 
あまり読み返していても気持ち悪くなるだけなので、 
県の書類はあまり読まずに書いてみた。

ばーっと深夜のうちに書いたのであちこち矛盾が。
かき足りなさすぎる部分も。 まーいいかとあきらめて提出。
どーせそんなに読まないだろうし、 
たぶんどれもこれもなんにもならんのだろーしなと。 


しかしパブコメってラブコメみたいでちょとだけ響きがかわいい。
 だけど空しい響きもあったりして。 

 ーーー  
突然降ってわいたような本事業について、市民の間ではかなり話題になっています。先日知事が始められたTwitter上でも、計画が発表された直後からしばらく本事業の話題でかなり盛り上がり、酒の席でも仕事先でも、男女を問わずよく話題になっています。
  しかし、その「盛り上がり」は、碑など小さなハード整備が多い「なんとなく中途半端な感じがどうしてもするしかけ」の多さに対する疑問であり、そういったことにお金をかけるぐらいなら、もっと違うところにかける方が「地産外商」や「コンテンツ産業育成」、「中心市街地や公共交通の活性化」にもつながるのではないかということに対するものでした。
  現在提案されている事業で気になるのは、龍馬やアンパンマンを顕彰するだけの「碑」がずいぶんと多いということです。過去に作られた碑や彫刻はたくさんありますが、多くは老朽化したり情報が古くなって、みっともない姿をさらしています。その点で、本事業でたくさんあがっている碑や足湯も、同じことが考えられます。数年後にハードは確実に維持管理費という重しになって市民に帰ってきます。その結果ゴミ袋の値段がまたあがるのではたまらない。要は、この事業が実施されてほんの一瞬誰かが潤うのはいいけれど、それで10年後に負担が増えたなあ、となるのがイヤだということです。
  私は、本事業にあげられた計画が無駄とは思いませんが、「とりあえずすぐに結果が出る」ハード事業にばかり投資するのではなく、ジワジワと効果があがってくるような長期的な投資、すなわち10年後にこの町から龍馬のような次世代を支える人材が生まれるような育成に力を入れるべきなのではないかと考えます。
  日曜市もよさこい祭りもマンガ王国も、ハードで成立している文化ではありません。どれもこれもが「人」で成り立っている文化です。決して看板や碑で成り立っている文化ではなく、看板や碑を作ったからといって日曜市や商店街が元気になるという代物でもないと思うのです。また、歴史施設や高知城についても一見ハード整備に見えますが、実際にはそれを企画運営する人々がいなければどうしようもない、劇的に「人」で成り立っているものであると思います。 
 その点で、これらの「強みを余すことなく活用する」ためには、足し算的な発想で物を追加するハード寄りの施策ではなく、もっと日曜市を元気にし、商店街を含む街中をもっと楽しくするきっかけとなるような、かけ算的発想に基づく「人が生きる施策、人が動く施策」を考えることだと思います。
  また、本事業では取り組めない範囲だと思いますが、街中で働いたり起業したり暮らしたりしやすくするように不動産の流動化を進める施策も必要だと思います。かけ算で物事が動き始めて、ようやく日曜市も商店街もよさこいも生きてくるし、生き生きとした町そのものが観光資源になると思うのです。
  以下、本事業の範囲である程度できそうなことをいくつか提案いたします。
続きを読む >>



こんてんつ
コンテンツ産業の25%ルール」を読んで思ったこと。
Tumblrで書きかけたけどこっちに転記。

本文の内容とは意味が違うことを考えてみるが、高知県のコンテンツ政策はどんななんだろうか。まだ課もできてないからなんもわからんけど、下手な政策を打つことがあれば、きちんと商売してきたクリエータをつぶすことになりかねないと思う。
たとえば、クリエーターのリストを作るというが、その意義はなんなんだろうか。そのリストに掲載を希望しない人は、県からの仕事の時に小言を言われるのだろうか。県が主催する商談会に呼ばれることもなく、くりえーた扱いもされないのだろうか(まあ別にいいんだけど)。

続きを読む >>



東西軸活性?

今日の高知新聞夕刊に竹内記者による「話題」が登場。

あまりにも闇雲にどの市民にリアルで聞いてもTwitterなどネット上でのささやかな議論をしていても「なにそれ???」という意見ばかりが起きている、県と市がまさに勝手に高知の街の観光のあり方を根本から変える63本の事業に対する高知新聞でもたぶん初めての意見ヒョウメイ。


----------------------------------------------------------------------------------------


 播磨屋橋から高知城までの街づくりを考える県市合同の「東西軸活性化プラン」の策定が始まった。素案の中に「まんが文化」という項目がある。その具体的内容に作家を含む関係者の多くがあきれかえり、私も椅子からひっくり返りそうになった。

 アンパンマンなど県ゆかりのキャラクターの群像を設置する36号「まんがロードの整備」、40号「はりまや橋観光バスターミナルのまんがでの装飾」、41号「漫画からくり箱の設置」・・・。

 安易である。例えば36号は鳥取県境港市の成功例が頭にあるのだろうが、あれは商店街と市民が密接に協力して、きわめて巧妙で総合戦略的に作り上げた「ロード」だ。彫像を並べ商店街に並べただけではない。

 これはあんまりだというので、漫画家のくさか里樹さんや正木秀尚さん、まんが甲子園や文化施設等の関係者15人ほどが急遽夜あるまり、県庁担当課を交えて話し合った。人材育成と支援、既存イベントの発展、モニュメントでなく漫画的発想を用いたソフト戦略、マーケットの設置などのアイデアが出た。出席者の中から「現場の話を聞いてからプラン策定を」という至極乙然の意見もあった。

 このプランの中には「よさこい祭り」も含まれる。27号「よさこい節の歌碑の建立」、28号「鳴子のモニュメント設置」といったプランを現場で汗を流している人たちはどう感じるのだろう?

 近く2回目のプラン検討会が開かれ、早くも中間まとめ案を策定する。浮世離れした案をそれぞれの現場に差し戻すことから始めるべきだ。


----------------------------------------------------------------------------------------

ちなみに63本の「取り組むべき対策」の一覧は以下。



続きを読む >>



Twitterがおもしろい
Twitterは同じ時系列で話題を交す点でチャットと似てるんだけど、相手を指定しての会話や同一テーマに従っての会話などの機能が充実しているから、より密度の濃い(とはいえ140字なので軽めだけど)議論をするにはちょうどいい。


そのことが一昨日あたりからやっとわかってきた。
というのも、一昨日の新聞に「高知城〜はりまや橋の活性化の委員会」の記事が小さく出て以来、そこで提示されている仰天プランについて議論が百出しはじめたのだ。

ネット高知新聞では以下のような小さな記事だけど、

 高知市の高知西武百貨店跡地問題を受け、播磨屋橋―高知城間の「東西軸エリア」の中心市街地活性化プランを探る検討会(会長=西山昌男・高知商工会議所会頭、19人)の初会合が19日、県庁で開かれ、県と高知市が素案を提示。高知城周辺での山内家資料を中心とした新歴史資料館の整備方針を同プランに正式に盛り込むなど、県市や民間独自の取り組みなど計63事業案を示した。県、市は検討会の意見を踏まえ、3月下旬までにプランを最終決定する方針。

実際にはごく一部の抜粋でも以下のような事業が提案されていて、しかもこのうち多くの事業が新年度から着手され、あっという間に街中を彩ることになるらしい。


続きを読む >>



はりまや橋はBランクで。
▼需要が無いから決まらない
はりまや橋の交差点にパチンコ屋。
かれこれ数週間前のこと、朝刊でこのニュースを読んですぐに「まあ決まって良かったんじゃないの、むしろ」と、おいらは奥さんにショージキに言うた。

西武が無くなってからもう何年になるのかも忘れてしまったけど、「建ってもすぐ潰れちゃうんじゃ?」と正直誰もが不安に思っていたであろー商業施設も建つことなく、かといって博打のよーな投資を県内企業をするよーな余裕があるわけでもなく、まあながいこと誰も何もできずにながーいこと放置されていたのがあの土地だ。ホントに需要がある土地なら、次の用途はさっさと決まる。需要が無いから長いこと更地のままだった。
続きを読む >>



ガンバ土電


土佐電鉄の社員さんが、沿線の住宅に全社をあげて営業に出ているという。

沿線人口は減っているわけではないだろうし様々な努力もしているわけなんだけど、それでも乗降客は年々減り続けているのが現状で、営業職も役員さんも労組も関係なく回っているのだそうだ。


土電が〝どぶ板営業〟

 午後の住宅街。土佐電鉄(高知市桟橋通4丁目)の取締役や労働組合の委員長、社員らが一軒一軒、民家を回っていた。「土電です、電車に乗ってください」―。利用客が減り続ける中、10月から始めた戸別営業だ。1904(明治37)年の開業以来、初の〝どぶ板営業〟だという。


で、こういう話題に接すると、ブログ書きの一人として「頑張ってトデン!みんなも乗ろうや」的なこととか言ってみたくもなるわけだけど、

ブログで記事をアップしました

しばらくは「私も乗りました。いいものですね」なんてゆーコメントが付いて

1か月もたてば乗らなくなる、てか忘れる

ようになるのが当然なオチなわけで、こういうところにテレビや雑誌、新聞はもちろんのこと、ブログやtwitterがマーケティング手段として有効に働く飲食や小売と決定的に異なる公共交通の難しさがあるねえと改めて思う。



続きを読む >>