ほぼ毎日更新するはずだったログなのに、超たまに更新。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




<< TACOから2冊! 「きんこん土佐日記」と「草やのごはん」 | main | 白戸家、土佐へ >>
愛と笑いのイチハラヒロコさんと飲む
 


イチハラさんは言葉の力の作家。愛と笑いにこだわって、デビュー以来一貫して言葉だけの作品を作り続けている。
同じ大学の大先輩にもあたり、デビュー以来ずっと好きな作家さんの一人。1995年頃に大阪のサムミュージアムで開かれた大展覧会に行ってものすごい衝撃を覚えたことを今でも鮮明に覚えている。
おいらが作家名を「タケムラナオヤ」にしはじめたのもイチハラさんの影響モロ受けだし、愛とか笑いとか、なんかそういうのがものすごくデザインにせよ地域計画にせよ必要だなーとお門違いに捉えるようになったのも、影響モロ受けだ(愛と笑いは、恩師井上明彦先生からの影響もでかい!)。


で、エンジンゼロワンで微妙に賑わうきのうの夜、そんなイチハラさんとTACOメンバ、高知大の学生さん、県立美術館の皆さんで宴inパンダ屋。

イチハラさんは作家さんがよく持ってる変なオーラをビシバシと出すこともなく、もんのすごくきさく。吉川晃司のことを語りだしたらもう止まらないところとか、なかなかたまらない。でも、作品の話になると本当にまじめで、なるほどデビュー以来20年近くにわたり美術の最前線で異色の活動を続けて来たその芯の太さを改めて感じたのでした。15年前からやっていることは一見変わらないのに、常に前の作品を越えて行かなければならないその強さ。15年経っても飽きない、作品の強さ。学ぶこと大杉。


イチハラさんの愛と笑いと少しの棘ある言葉を街で踊らせることができないか???
そんな風景を見たいです。
とことんやれば、世界中からヒトがくるで。



どうぞこちらも→→→人気ブログランキングへ 





スポンサーサイト



イチハラさん、アーケードでの展開にやる気満々です。ラブにかける情熱、そして等身大の自分をきちんと作品に昇華させる職人魂、言葉が美術作品となる、という、街ゆく人々に対しての目からウロコ的な挑発と応援、できたら素敵ですね。がんばりましょう〜!
 皆様お若くていらっしゃって、三時までやりぬいたとか・・・脱帽。
 

 

 
とんかちざめ | 2009/11/30 11:42
お久しぶりです。
土曜の夜、夜楽のあと、飲み足りなかったので^^
一杯引っかけて帰ろうと、パンダ屋さんに行ったら満員大盛況で、仕方なく別のお店に行ったのですが・・・
もしや?その会だったのですねぇ〜〜〜

ツイッターまねっこさせてもらいましたが、使い方イマイチわからず、脱落。
chie | 2009/11/30 14:26
とんかちざめさん>かなり挑発的な作品ではありますが、ホント街にあったら輝く作品ですよね。大阪で見た時もそうだったんですが、違和感がすごいいい。やりたいなあー
当日は、イチハラさんは早めに戻られて、その後は結局4時半くらいまでアチコチで飲んでましたよ

chieさん>左の列にずらーっとおったんがそれですね(笑) twitter、なんかおもしろいですね。mixiやブログよりもはるかに気楽です。まあ長文が好きなんで使い分けてかなあきませんが。。。
たけむら | 2009/12/01 01:52
とんかちざめさんに誘っていただいたのですが、
当日は結婚式があったり、私たちにとっての吉川晃司が帰ってきたりで、ようおうかがいしませんでした。

タケムラブログで興味津々。
今後の展開を楽しみにしています♪

26キロ痩せたら夏目雅子より
まんぼ | 2009/12/02 17:34
COMMENT









Trackback URL
http://takara-machi.jugem.jp/trackback/165
TRACKBACK