ほぼ毎日更新するはずだったログなのに、超たまに更新。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




<< 12月の毎日 | main | あけたわ >>
サラバとさのかぜ(追伸)
なんかクリスマスあたり以来極めてだらだらと仕事を続けていてしょーがない。
集中力が一回落ちるとなかなか奮起できないこの癖はどーにかならんもんか。

今朝新聞を見ると、とさのかぜがついに終わることが出てた。
創刊が12−13年くらい前だから、おいらが高知へ戻ってくる数年前からはじまってたことになる。まあそこらへんの記憶は朧げだけど、とりあえずおそらくは京都から帰省してどっかで初めてコレを発見したときには興奮し、まだその段階では自分の中で曖昧だった「高知っておもしろいジョ」ってのをはっきり見せてくれた〜!となんか嬉しかったのをなんとなしに覚えている。
それから高知に戻ってきて、県庁に行く度に県民室で新しい号を心待ちし、何の号が欠けているのかどうかを調べては取り寄せたりもしていた。秀逸だったのは「チョット違うなあ」(タイトル曖昧にしか覚えてない)という別冊子。
これはとにかく「物事斜見よ」というのを改めて教えてくれた一冊で、その後おいらたちが仲間と出した「高知遺産」なんてのはこの本がなければもしかしたら出すことはなかったかもしれないぐらいのインパクトがあった。正直こんな本が出せることに(まあ税金とはいえ)驚き、ものすごく勝手に勇気づけられた。これが今から7−8年くらい前。あまりに面白いので何冊かもらってきて県外の友達にも送ったりしてた。








んで、5年前にはそんな流れも含みで高知遺産を出して、3年前から2年前にかけては、おいらもこの本の編集や取材にかかわることになった。
しかし、なぜかその頃にはかつてのムンムンな熱気というか激しすぎる面白さはなんか無くなっていて、実際に関わりながらもとさのかぜがかつて教えてくれた「高知っておもしろいジョ」の性質が変わってきたような気がしていた。携わっている人はそう変わってないはずだけど、なんか違うことを伝え始めたような感じがあった。

まあそれは、実際に自分でも本をつくれるんだっていうのを知ってしまったこともあるだろーし、現実的にネット上の情報の速度や密度が急速にこの間に高まったこともあるだろう。実際に高知に暮らしていろんな人と出会う中で、なぜかこの本に出てこない人や物事の多さにも自然と不思議さを感じるようになってしまったのもあるだろう(これはその逆も然りで、誰が作っても、いわんや自分が作っても、必ず誰かがそう思うことで、それ自体は仕方がない問題)。
そんなこんなで、かつてとさのかぜ独自の視線の情報という感じがあったのが、なんか既視感のある情報にいつの間にかなってきてしまって、自分が携わりはじめた頃からはわざわざ手にとることも人に勧めることもなくなってしまった。
むろんこれは自分が初期とさのかぜの姿勢が一方的に好きなだけで、号数を重ねる中で性格変化をしていったことと合わなかっただけの話。とさのかぜ自体が県民に向けてというよりも県外に向けてという変化をしたのかもしれないし、実際に初期に掲載していたほどのネタが払底してしまったのかもしれないし、はたまた自分が年をとっただけなんかも知れない。

そんな一抹の思いを抱かせるとさのかぜ廃刊。自分の中ではそんなわけで少し役割が終わりかけていた感じはあるけど、こういうメディアが消滅するというのもまたかなり複雑な気分。県が出す必要はもーないでしょと思うけど、県が出さなきゃこんなメディアは成立しにくくもあり、ここもまた気分的に複雑。Tさんはまた違う論点のメディアを提案しているけど、それは県が出さない方がバランスが良さそうだったり(県だと変なバランスが働いて面白くないものになっちゃいそう)、さて次の展開はどうなるものか、ビミョーに勝手に迷うところ。

なにはともあれ、次号最終号はたのしみ。初期とさのかぜのような、猛々しくて清々しい(ナウシカみたいやな)、びっくりするような風だったら、個人的にはうれしいですな。

追伸
「勝手に重要文化財」や「去りゆく技」はぜひとも一冊の本にしてほしいですね〜 



スポンサーサイト



春野でも不景気で加工企業から契約解除されそうになっていた農家が「とさのかぜ」に掲載されたことで、契約が更新されることとなり、昔ながらの誠実な農法を続けることができるようになりました。「とさのかぜ」が守ってきたものは、はかり知れないと思います。経費を上回る、目に見えない産業効果をもたらした一号一号の積み重ね。項目別にまとめて出版すれば、また素晴らしいものになりそうですね!!!
まんぼ | 2009/12/30 07:56
当時はそんなお話も出ていたので、ホントにやってほしいですね。部数がもともと極めて少ない冊子で、とさのかぜを知っている人の方が実は珍しいっていうところもあった(しかも配布先は限定的)と思うので、アーカイブとして金高堂とかTSUTAYAとか、本屋でいつでもゲットできるようになってると、とさのかぜの持ってる意味がこれからも生きてくる。
県には予算措置から含め、ぜひ検討してほしいとこですね。
たけむら | 2009/12/30 09:39
内部にいるとそとから見えない主義や主観が見えますから、そのあたりに触れたことで、たけむらさんの受け取り方が変わってしまったのも有るかも知れないですね。

それに、とさのかぜに出てくる人や情報以上のレアやコアな高知をたけむらさんが知ってしまったというのも、最近のとさのがぜが「ちょっとちがうなぁ」と思う一因ではあるでしょうね。

とさのかぜの終わりは、逆にあたらしいかぜがふくことの知らせのような期待もしてしまいます。
そのかぜをふかせるのはたけむらさんやその世代(いわゆる若手?)だったりして。

今回の「龍」の号は、個人的に「やっと来たか。」とい感じでしたが、やはりコウチジン、やっぱり龍馬にまつわるモノはいつもと違う気持ちで読んでしまいます。

最終号「風の号」、果たしてどのような内容になるのでしょうか。楽しみですねー。
56 | 2009/12/30 11:55
そうでしょうねー
裏側を知ることと変化の時期が重なった。
なので、一応注意深くは書いたのですが、自分にとっては違うな〜っていうことで、高知県全体として考えたら、やっぱりあっさりなくしてしまうのは惜しい存在ではありますね(でなかったらわざわざ書きませんわな)。

とはいえ創刊から廃刊まで、「とさのかぜ」にはホントに大きな影響を受けました。デザインや編集の道、ローカルに生きてしまおうという道、様々な道がこの冊子によってくしくも開かれてしまった。
それだけに、たった2年でも(うれしいこともいやなことも山ほどアリますが笑)この冊子にかかわれたことは心からうれしく思うし、たぶんずっと忘れることはないんでしょう。
それだけに本気で感慨ひとしおですよ。

あたらしいかぜ。「その世代」てあんたもその世代やないかw
まああんだけのヴォリュームを季刊でフリーペーパーでやるというのは確実にムリなわけで、かといって有料で売れるかといったら相当微妙でもあるわけで(たとえばとさのかぜで500円出すかといわれたら微妙なように)、はたまた広告だけで出せるかゆーたらさらに微妙なわけで、あたらしいかぜを考えるにもまずはそこがひとつの壁でしょーな。

おいらは昨日からまた黒鉄ヒロシの「龍馬を斬る」を再読中。龍馬づくしの一年間にそなえ。



いやしかし風の号、ほんま楽しみです。
編集委員の皆さん、がんばってください。そしておつかれさまでした(早すぎだ)!
たけむら | 2009/12/30 18:04
COMMENT









Trackback URL
http://takara-machi.jugem.jp/trackback/176
TRACKBACK