ほぼ毎日更新するはずだったログなのに、超たまに更新。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




<< 超絶結婚式 | main | でんしゃにこーこく。 >>
Twitterがおもしろい
Twitterは同じ時系列で話題を交す点でチャットと似てるんだけど、相手を指定しての会話や同一テーマに従っての会話などの機能が充実しているから、より密度の濃い(とはいえ140字なので軽めだけど)議論をするにはちょうどいい。


そのことが一昨日あたりからやっとわかってきた。
というのも、一昨日の新聞に「高知城〜はりまや橋の活性化の委員会」の記事が小さく出て以来、そこで提示されている仰天プランについて議論が百出しはじめたのだ。

ネット高知新聞では以下のような小さな記事だけど、

 高知市の高知西武百貨店跡地問題を受け、播磨屋橋―高知城間の「東西軸エリア」の中心市街地活性化プランを探る検討会(会長=西山昌男・高知商工会議所会頭、19人)の初会合が19日、県庁で開かれ、県と高知市が素案を提示。高知城周辺での山内家資料を中心とした新歴史資料館の整備方針を同プランに正式に盛り込むなど、県市や民間独自の取り組みなど計63事業案を示した。県、市は検討会の意見を踏まえ、3月下旬までにプランを最終決定する方針。

実際にはごく一部の抜粋でも以下のような事業が提案されていて、しかもこのうち多くの事業が新年度から着手され、あっという間に街中を彩ることになるらしい。


まんが関係
�まんが甲子園モニュメント移設
�まんがロードの整備
�まんがフラフの大量製作
�大量のまんがキャラクター着ぐるみ回遊イベント
�まんがロードを活用した新たなまんが関連イベント
�バスターミナルを漫画で装飾�漫画からくり箱設置。

町関係
�よさこい節の歌碑建立
�鳴子モニュメント設置
�はりまや橋公園&地下道に踊り子を描いた壁面設置
�龍馬の動く銅像制作
�維新ロード整備
�ダイエー壁に龍馬のレリーフ設置
�南国土佐を後にして歌碑の建立
�はりまや橋のライトアップ
�街なか足湯。

なんか、碑がやたらと多い。
そんなんいらんでしょ。金もったいないス。
碑は観光地にならないス。

まんが甲子園のモニュメント移設はまだわかるとして、あとは「どっかで流行ってるから高知でも」的なものばかり(多分来年は長宗我部でしょうね)。人材を育てようとか、町を元気にしようとか、店づくりを支援しようとか、将来的に街を元気にするよーな掛け算的な発想は皆無で、何かつくっとけ的な足し算的バブル時代的発想のものばかり。
まあ今回のは龍馬伝とか西武跡地問題を出発点に始まってる大混乱だろーし、高知をなんとかしたいということなんだろうけど、龍馬伝の放送が始まってから動くってどんなスピードよ?遅すぎるし急ぎすぎでしょうに。


んで、昨日は当然みんな呆れているわけで、あちこちで「クラクラする」「碑って」という話題から始まり、商店街の課題、行政の問題点をいろんな人が議論している状況が夜までつづいていた。クローズされた委員会で議論してるより、Twitterで公開討論でもさせた方がよっぽど実のある事業計画がもしかしたらできるんじゃないかともちょと思うぐらい、静か〜に盛り上がっていた。

※ちなみにこの件に関して言えば、おおむね共通しているのが、余計なことはせんといてほしいとか、行政や団塊世代とのセンスのズレが云々という話題だった。まあもう止めらんないんだろーけどね、来年に遺産が残るだけの話で。


そして、今日になるとこのクラクラ委員会の直接の話題は減っているものの、アチコチで高知議論がつづいているような雰囲気。むろんこんな難しい話題ばっかじゃない(それじゃ息が詰まる)けど、それゆえかこの2−3日でTwitterの面白さがわかったというつぶやきもちらほら見受けられた。



おいらの場合も、双方向的だったブログがいつの間にか一方通行的になってきて、なんとなく書き手と読み手の間の距離も空き始めた感じで「書いていても面白くない」ことになってきていた。
その点で、Twitterはブログが抱える「書き手と読み手」の関係がみんな「書き手で読み手」になるから、ある話題について盛り上がれば瞬間的にワーッと同じ時系列で双方向で話すことができる。
その適当さやユルさはとても楽だし、効率がいい。ブログだとどーしてもタイムラグがあるし、ある意味でオープンすぎるわ変な認証を求められたりでコメントするのも億劫だけど、Twitterの場合はそのタイムラグと億劫さの問題がない。
また、クチコミという最強の広告媒体としても、Twitterが注目されるのがよくわかる。一方通行化したブログだと、せっかく情報を放流してもそれがあまり他所に伝播しないことになってきた。しかしTwitterの場合にはRetweetなどで伝播・伝染させることができる仕組みを持っている。
まあまだ普及には時間がかかるだろうし、いろいろと問題点があるのもたしかだけど、おいらがブログに手を出した2005年頃のような、ブログを起点にいろいろな議論をしたり物事を起こしたり作ったりということが、Twitter上から生まれる可能性があるな、と思った2日間だった。

でも、今年の夏には高知にゃあちこち碑が立つ。着ぐるみが大手を振って歩き出す。いけてない街にまた一歩。 



スポンサーサイト



一方通行になりがちなブログに比べてtwitterのほうがネットワークをつくりやすいきがします。携帯やスマートフォン用クライアントもあるし参加しやすいですよね。
ツイートを非公開(指定した人だけみられるよう)にすればツイート会議や議論ができるし。(そうなりゃもうチャットですね)

ただやはりユーザーが少ないとかコアだと言うことが、今の状況を生み出してるんで、人が増えるとどうなるのかなーって思います。今後が楽しみですね。

というわけで「今後のツイッターについて」をテーマにオフ会をしましょうか。2人で!!
あと、夏には日本酒片手に「碑めぐり」しましょう!フタリデ!!
56 | 2010/01/22 07:18
いろいろ使い方次第なんですね。

私は自分の日記代わりに書いていて、知らない人にはあんまり読んでもらいたくないのでブログがいいかな。(リンクもけっこう断ってたりします・・・)

そして何よりメールでのやり取りにトラウマがあるので、怖くて参加できないのでありました・・・
くりけい | 2010/01/22 10:15
どうも。
いつもtwitterでしょうもない事言うとる@hirommです。
そうですか。そんなことになってるんですか。

街なか足湯っておもしろいですね。どこにも温泉ないのに。一体どこから生まれた発想なんでしょうか。どこに出来るんでしょうか。このプランの中で一番楽しみです。

twitterで僕は基本的にアホな妄想と日清焼そばの話題を中心に発言してます。議論は極力読むだけにしてます。読むだけですが、読んでます。
ぼくはtwitterの議論ってのは不得手なんですよね。顔も存じ上げない方に向かって突っ込んだ話をしてしまうととても失礼な物言いをしてしまいそうで怖いんです。でも、こうしてたくさんの方の考えを聞けるってのは確かにtwitterの利点なのかもなあとしみじみ思いました。
まあ、同時に議論の発端をたどることが難しかったり、リアルタイムで偶然居合わせないと話が出来なかったりと、所詮つぶやきの範疇をでないとは思いますけど。

発言してない方も、きっと僕と同じでいろんなことを考えながらみなさんの議論を読まれてると思います。そしてその意見が熱ければ「あー、高知も捨てたもんじゃねえな」と実感できるんじゃないかと思うんです。ってことは結局、モニュメントを作るよりtwitterを見てる方が活性化につながるのかも知れませんね。
m.hiro | 2010/01/22 10:17
56>それはオフ会というよりただの飲み会w
まあ今後参加者が増えれば増えるほど
面白い部分とつまんなくなる部分はありますわいな。
たぶんブログと同じで密度が希薄化しそう。

くりけい>本来の「ただの日記」は、ホントはほしい。昔ただの日記をCGIサイトでつけてて、これは他人が読んでも面白くもなんとも無いわけだけど、自分は10年後のいまみてもおもしろい。たしかにくりけいサイトはそういう感じやね。でもまさか断るまでとは!

m.hiroさんん>どもです。街中足湯、そういえばこれもまあわるかないねという感じでした。さんすいえんとかから引くつもりなんでしょうかね。
ただ足湯って、これも一服感のある仕掛けですけどねw
ましてやさんすいえんからローリーで持っていくなら、お湯は変にトロトロになってやばい湯になりがち。循環ろ過しすぎになって塩素泉みたいになるのがオチなような。まあでも有ったら入るでしょうけど、自分も。。。

Twitter、自分はただ書きたがりの読みたがりなのでそう思うだけで、実際にはほとんどのTLは読み流してます。面白いのだけお気に入りに入れたりするだけで。
それに、実際の議論とネット上の議論じゃやっぱ全然違うもんね。なんかどっちかというと自分の頭整理のための議論だったり、情報収集だったり、そういう感じかもしれない。
議論の発端をたどれる仕掛けはほしいですね。#harimayabashiである程度取れるけど、当然ほとんどのつぶやきに付いてないし、それは思う。あとリアルタイムでおらんとどーーしよーもない、ってのもTwitterの特徴だけどやっぱたまに残念なこともありますわいね。確かにただのつぶやきからは抜けきれない。

でもなんか、おもろいな。可能性あるな、そういうことも含めて。。。と思います。
タケムラ | 2010/01/22 10:42
すんません。足湯のくだりは皮肉のつもりでした。解り難くてすんません。

本来、足湯というものは徒歩圏内にいくつもの温泉があって、「どこに入ろうかなー」と思いながらのんびり浸かるものだと思うんですよね。ぼくの故郷である熊本には山鹿温泉郷というのがありますが、そこにはそんな足湯があります。別府も、関西で言えば有馬なんかもそう。
九州は各地にすばらしい温泉がありまして、そこから来たぼくにとっては高知はあまり温泉に恵まれてないような印象を持ってます。(高知にだってすばらしい温泉いくつかありますけどね)そこで足湯というのは、ちょっと、まるでハワイで雪祭りをしようというような感じに見えてしまいます。

どうして寂れて悲しい光景になることが簡単に想像できるものをあえて作るんですか?
からからに乾いた中に落ち葉がひらひら落ち込んじゃってる風景が目に浮かぶようです。
無駄なお金を使うのがイヤっていうよりも、その光景を見るのがイヤな気がするんですが……。

でも、もう作るってことなんですよね。動き出しちゃってるんですよね。もうそれはそれで仕方ないってことですね。
ぼくみたいな素人の意見なんか当てずっぽですから、もしかしたらこの中からヒットがでるかもしれません。そしてどうせ作るんならヒットして欲しいものです。よさこいだって急場しのぎでできたんですよね? それがここまで続く大ヒットになってるんですから。

タケムラさんの文章の中で
「人材を育てようとか、町を元気にしようとか、店づくりを支援しようとか、将来的に街を元気にするよーな掛け算的な発想」
というくだりがありましたが、まさにそこが必要なのであって、「碑は観光地にならないス」というのも全く同意見で、ぼくはその部分に共感してしまってコメント書かせていただいた次第です。
m.hiro | 2010/01/22 12:50
そうか皮肉だったんですね(笑)
おいら温泉大好きで、昔は温泉の紹介サイトまでやってみたりしてたことがありますw
九州も別府は10回くらい行ってますし(まるでわが町の様に走ってますw)、黒川や霧島はもちろん各地に入りにいきましたです。

さて、高知には、九州の感覚を基本にすれば、本物の温泉はないです。
基本は冷泉。40度以上の温泉もありますが、いずれも大深度ボーリングで抜き出した温泉で、大抵が塩化物ナトリウム泉。要は海水みたいなもんで。高知市内の施設で出てる温泉はたぶんどれも大深度ボーリングですね。
なのでボーリング費用回収、ポンプ引上費用、循環濾過装置などで、どんなに安くても700円とかになってしまう。

高知でいいところは、ほんとに片手で数えるくらいにまで少なくなりました。
去年くらいまでは物部に笹温泉とかあったし、よかったんですけどね。
http://takara-machi.jugem.jp/?eid=54



足湯。変ないしぶみよりまだましなのは、一応それでも高知に「温泉がある」というイメージをとりあえずは植え付けることができること、またそれをもとに高知市近郊の温泉がもー少しにぎやかになるかもな、ということ程度ですね。
でもご想像の通り落ち葉ヒラヒラ寂しい情景になるでしょな。そこに源泉がないので不潔感が出てくる。

その光景は見たくないですね。てか、もっといしぶみだらけの高知なんてみたくないですけど。


今回の提案は、もう動き出していて、たぶん行政は止める気がないんでしょう。「やった」ことの痕跡を残したい行政の中間層レベルの人々が、観光とは何か、漫画とは何か、文化とは何か、景観とは何か、そんなことを考えることもなく、とりあえず自分の業績とは何かだけを考えて、龍馬伝に向けて何かしました、という感じに残念ながら多くの人には見えている。

まあご指摘のとおり、もちろん実際できたら面白いものもあると思うんですね。よさこいのいしぶみも、できたら案外面白いのかも知れない。だけど、いしぶみはよさこいと違って一回つくっちゃったら基本は変わらない。だからなんかオイオイって思っちゃう。だからTwitter上でもいろんな意見が飛び交うんでしょうな。

人材育成とか支援とか、本当に高知はそういうのが弱いと思います。基本的にみんな「おらんく自慢」の県民性なので、他人のことなんて関心がないのかも(笑)だから、おらんく自慢の塊が碑になるわけですわ。
タケムラ | 2010/01/22 19:49
なるほど!
高知の東側、それから愛媛の新居浜から松山にかけての石鎚山系にいい温泉がありそうですね!

ぼくも馬路のぬるぬる感ある泉質や西条の湯ノ谷温泉とかが好きなんです。なるほど、そうかそうかと納得してしまいました。

って、温泉の話題に食いついてしまいましたが。

またtwitterでお会いしましょう。
会話に加わらなくとも横目で見ております。
そして来月末では蛸蔵でもよろしくお願いします。

--
松島寛和
m.hiro | 2010/01/23 09:27
ああ、あの松島さまでしたか!
どぞよろしくおねがいします
スイマセン返事遅くなって。
ついでに温泉情報を。

高知の温泉でいい感じに残っているのは、いのの蘇鶴温泉と、四万十の山みずき、足摺の海癒、須崎の山里温泉などホントにわずかです。どこも規模は小さくて、基本は加熱のみの掛流しっぽい。
大きいところでコレは!というところは少ないですが、仁淀川町のゆの森、いの町の木の香、仰せの馬路村の馬路温泉は好きですね。トロトロという点ではゆの森と馬路がツートップか???
あと、特徴ある泉質なら、いの町のむささび温泉は鉄泉っぽい感じでおもしろい。お湯が茶色です。ロケーションなら、足摺温泉郷はさすがに眺めが最高。オーベルジュ土佐山は夜に行くとうれしい。あと温泉ではないですが国民宿舎土佐の露天風呂も絶景です。ここは案外よく晴れた日に行くと異常に気持ちがいいです。
マニアックなところでは家族風呂形式の津野町・郷麓温泉。ただの家みたいな旅館の小さな風呂ですがめっちゃ温泉くさいです。確実に好き嫌い分かれますけど。

湯之谷は一度行きました!きもちいいけど熱い!!!ですね。
タケムラナオヤ | 2010/01/24 22:31
COMMENT









Trackback URL
http://takara-machi.jugem.jp/trackback/183
TRACKBACK