ほぼ毎日更新するはずだったログなのに、超たまに更新。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




<< 結膜炎侮るべからず | main | 活版室も、土佐和紙も。 >>
広島な夏。

もう一ヶ月くらい前になるけど、ほぼ10年ぶりに広島へ行った。
数年前まで同じ沢マンの屋根の下、暮らしていた友人元112号の結婚式。
高知からは大家さん一家のほか、タケムラ家(18号、17号)ほかsumica家(11号)、ukiki家などが参加。広島なのにちょっと高知くさい、結婚式なのだった。

112号は、7年くらいまえに沢マンにふらりとやってきた。
女子なのにめっぽう空手が強くて、当時沢マン住人が呼んだ肩書きは「あちょー」。
その後実際に広島から沢マンに移住してきて、ドMなおいらほか数人がよく「てごうて」は本気のケツキックをお見舞いされたりしていた。
だけどやさしい。
当時のログを見ると空手家なのにほんわか系で面白い、的な記述。いまもむかしも強くて弱くて、弱くて強い、なんかそんなフシギな人物なのだ。
当時の沢マン住人みんなの相談相手でもあり、その逆もまたしかり。沢マンを離れてからは特に定期連絡をしているわけではないけれど、それでもなんかいまもむかしも特別な人物のひとりなのだ。
とゆーわけで、おめでたう。





結婚式は昼すぎに終わったので、夕方から街に出直し。
もちろん広島焼。
さすがB級グルメの王様。うますぎ。


晩飯は笹木というお店へ。
広島の地酒をやりつつ小料理をいただく。
店員さんの心遣いがものすごく行き届いていて、
笑顔にいやされた。
また行きたいと思う店をみつけた、という感じ。





 

翌日は、広島観光。10年ぶりの原爆ドーム。
夏になるとアジアやアメリカからも含め、戦争についてのいろんな話が出てくるけど、もう都市がまるごと壊滅するようなことなんてのは、もうこの先やっちゃいけん、とここを見るたんびに思う。加害者だったのを忘れてんのとちゃう?とか、原爆落としたから被害が減ったんだとか、そゆんじゃなくて、もうここまでひどいことになるようなことはやめましょと。


最後は厳島神社へ。
ものすごく暑くて、鹿が海辺で海藻を食べたりしながら遊んでいた。
ちょっと桃源郷っぽい。 



スポンサーサイト



COMMENT









Trackback URL
http://takara-machi.jugem.jp/trackback/209
TRACKBACK