ほぼ毎日更新するはずだったログなのに、超たまに更新。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




<< yummydance+100人ダンスin 帯屋町、初練習! | main | あっちにこっちに飛び出すダンス! カラダだよ! 100人集合! 写真記録。 >>
この秋の5連発ポスター。
この秋はなんだかんだとタケムラデザインの広報モノが
アチコチに出回っております。

まずは、なんだかんだと番外編を含めもう4回目のシネマの食堂。



シネマの食堂2010
2010年10月2日〜11月24日 県内各地にて上映

毎回「シネマ」と「食堂」をそのまんまイラスト(1回目は椅子、2回目は上映団体数分のエプロン)で表現してきたのですが、今回は映画のフィルム缶を皿に見立てた初の写真バージョン。
実際に四国文映社から缶を借りてきて、それで撮影したもんでごわす。
今日まさにオープニングシネマの「eatrip」を公開中。
オイラ的には最近満島ひかりが気になるので、園子温特集に行きたいところ。
詳しい日程はこちらを参照。





風になった龍馬展 Vol.2〜時代の力〜
2010年10月9日〜2011年1月10日 坂本龍馬記念館

ほんで、この週末からはじまるのが、これ。
これは3年連続の展覧会で、龍馬と海舟、万次郎の3人の視点や歩みを追いながら、これからの日本の未来まで占おうという意欲的な企画。今回の時代の力では、特に「船」に焦点をあてた内容になっているようです。
基本は3年連続同じデザインで、海舟のニッポン、龍馬の海援隊、万次郎のアメリカの3つのシンボルをただ並べただけ。今回は金赤で船を入れてみました。ちょい豪華。




yummydance「あっちにこっちに飛び出すダンス! カラダだよ! 100人集合!」
街角アートステージ
2010年10月24日 帯屋町商店街アーケード〜中央公園

yummydanceの100人ダンス、さんざんTwitterなどでも流しているわけですが、ポスター類の仕上がりもおきにいり。撮影も7月に広島に行くついでに松山で自分で撮影したものですが、ものの90分くらいでこのカット数(撮影数はこの3倍くらい)。
さすが自分たちのカラダを知り尽くしたyummydance、ちょっとリクエストしたら次から次へとおもろいポーズが飛び出してきました。かんなり汗だくでの撮影だったけど。
チラシではyummyの裏面になる街角アートステージは、沢マン住民の後輩でもある井上直美さんによるイラストで構成。ずっとなんかいい絵面だなあと思っていていつかお願いしたいと思っていたイラストレータさんですが、やっとお願いできました。こんな感じで〜と依頼したらそれ以上の出来。うれしいねえ。




坂本龍馬の時代 幕末明治の土佐の絵師たち
2010年10月31日〜12月12日 高知県立美術館

夏のイチハラヒロコ展に引き続き、やらせていただきました、県美。今回は図録もあってなかなかのヴォリューム。タイトル通り、幕末から明治にかけて活躍した45人もの土佐の絵師たちを紹介するという意欲的な展覧会で、純日本画から洋画、大幟まで様々な作品が揃います。で、あんまり和っぽくしすぎてもこの面白さが伝わらないので、広報はちょいとモダンな感じに。タイトルも思い切って「TOSA GREAT ARTIST」と切り替えて、図録も含めてアイコン的に使えるようにしてみたわけでございやす。
それにしても熊本現代美術館の絵金の扱いはヒドイ。このありえなさは全国の美術館や学芸員界でもっと深刻に受け止められてしかるべし。「所詮市民が預かってる田舎の絵師の絵」的な見方しかしてないんだろうな。そこもまたありえん。こういうとき、発信力がゼロに近くなってしまっている高知新聞のHPがもっと充実していたら、様々な情報が今よりは少なくとも流れるのにな、と思う(余談)。



劇団シアターホリック第14回公演 零れ落ちる女たち
2010年10月31日〜12月12日 高知県立美術館

高知で頑張る劇団シアホリの広報も今回初担当。できたてホヤホヤの脚本もいただいて、読み込んで読み込んで作成。様々なプランを考えつつタケムラデザインとしては珍しいくらい白いデザインに。ちなみにタイトルの文字は実際に雨に濡らして作成。
劇の中身もかなり面白そうです。

---
あらすじ
自他共に認めるパッとしない女子モエコは、たまたま見に行った演劇に出演していた男シンイチに一目惚れする。モエコは会社の上司でシンイチの友人であるユキに頼み込み、その甲斐あってかシンイチと恋愛関係になるが、初デートの日から偶然通りかかったシンイチの友人サチコが割り込んできたり、シンイチの行動に気になることがいくつか見あたったりと、モエコの初恋愛には不穏なムードが漂っていた。
サチコは初デートの邪魔をしてしまったお詫びにと、モエコの相談相手を買って出て、その会話の中からシンイチの学生時代の彼女だっためぐみの存在を思い出す。

自分たちの理想に指先だけでぶら下がっている女たちと、自己中心的に飄々と生きるダメな男のヒリヒリした日常を描く、現代風悲喜劇の決定版!


というわけでこの秋は5種類がアチコチで貼られているはず。
よろしゅう。



 



スポンサーサイト



お久しぶりです。
素敵なポスターの数々ですね!
シネマの食堂、昨年のエプロンのデザインも好きです。
yummydanceと街角アートステージが気になるカンジ。
ほんと、松山にいる間に一度はyummydanceさんを観とけばよかったと、後悔です。
レイチェル | 2010/10/06 02:41
ごぶさた。
yummy、残念やねえ。
松山にまたもどるときがあったらぜひ見にいっておくれ。

シネマは毎年継続なので、毎年どーやって変えるか悩みます。もう来年分を悩み中(仕事としてくるのかどうか分からないけど)。
タケムラナオヤ | 2010/10/06 15:52
COMMENT









Trackback URL
http://takara-machi.jugem.jp/trackback/214
TRACKBACK