ほぼ毎日更新するはずだったログなのに、超たまに更新。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




<< 坂。 | main | 石巻、福島。 >>
仙台小旅


実感しないとわからない。
スマトラの映像ではいまいち映像を「日本へ置き換え」することができなかった(スマトラの低い堤防だから津波を防御できないんだ的な見立てをまず脳内でしてしまっている)。ここ数年時々やってきていた津波も川を遡上したり港沿いの街が静かに海にのまれるという程度の映像観であり、過去の須崎湾を遡上する津波映像や宝永町あたりの壊滅的な被害写真などを見ていても、やっぱり「戦後まもなくのことでしょ」的な、「現代日本での置き換え不能」な映像観で見てしまってきていた。
それが今回、これから来るであろう災害に対する想像力を「広げすぎる」ほど、膨大な映像量が流れてきた。そこへさらに原発という目に見えない災害が続き、もう自分たちの街にどの事象も置き換え可能な映像観がすっかりできあがってしまった(それはそれで過剰な防災対策も出てきそう)。
仙台を実際に訪れてみると、やっぱりテレビやネットで見ている印象とは全然違っていた。仙台の町はもう普段の日々を取り戻しているように見えた。だけど、松島に向かうために仙台東道路に入った途端、すぐ右手の車窓一面に荒野が広がった。左手は仙台の町並みが広がり、右手は荒野。あらゆるところが砂や泥に覆われ、車と瓦礫と砂防林の大木があちこちに流れ着いている。海岸沿いにあった集落も流されて、海岸まで見通せてしまう。瓦礫や車は撤去できても、この泥を除去して街や田んぼとして復活させられるのだろうかと思ってしまう。その後訪れた街でも然り。
遠く高知から働きながら支援できることなんて、やはりあまりにもなさすぎると感じるし、実際に家を失ったり仕事を失ったり家族を失ったりというのもテレビだけではイメージできなかったけど、実際にその風景を見てしまうと、どこから立て直していくべきなのかさっぱり見当もつかないし、また何かをしてあげられる術もないように感じてしまう。
実際に自分たちにその日がやってくるとして、支援される側になった時に必要なことってなんなんだろうか。少なくとも現段階では知人でも中嶋さんらの取り組んでいる薪風呂の支援や栗田さんのお茶の発送、畠中さんらのお米の発送などがあるが、そういう生活の根っこに近い部分の支援というのが一番うれしいような気がする。
しかしその先はどうしたらいいのだろう。本格的な生活再建、仕事再建はお金をかければ治るというものじゃない。またこればかりは他所の地域がどうしたところでなんとかなるものでもない。むしろ他所の地域や国外への産業移転が進んだり、想定以上の人口移転で計画がうまく進まない可能性がある。
いずれ高知の沿岸集落でもこうした風景が広がる日が来る。その時、高知の主力産業である農業や漁業の拠点はどうなるんだろう。高知県の主要政策である地産外商の根幹にも関わる大問題だ。そう思うと、ある意味で、一体何のための仕事をするんだろうとも思うし、また同時にだから仕事をするのだとも思うし、よくわからなくなる部分もある。
だけど、、、仙台の牛タンは本当に想像を絶する美味しさだった。松島の煎餅もうまい。津波で壊れた店の隣で、なんとか再開した店もあるのだ。





スポンサーサイト



本当に、どこから手をつけたらいいのか、それがみんなの実感だと思います。

とりあえずできること、どんなにささやかなことでもそれぞれができることをする。前を見ることができなくても、足下を見て、足下にできることがあればする。そして被災地以外の私たちは被災地を忘れない。その2つじゃないかなぁと思っています。

いつになるかわからないけど、いつか「人間ってやればできるんだな」って思う日は必ずくると確信しています。世界中で目を覆いたくなる悲惨なことが繰り返されているけど、いつも人々は立ち上がり、新しい生活を築き上げていくのだから。
くりけい | 2011/05/13 14:07
日本人はたくましいな、と今回の震災で改めて思ったですよ。どれだけ酷いことが起きても、案外数日で「取り込んで」次に進んでこうとしてる。まあこれはよその国も同じかも知れないけど、、、なんとかなっていくものだと。
できることをする。それしかないですね。おいらはとりあえず、嫁と毎年でも東北旅行行こうと話をしています。新婚旅行でもパリと並ぶ候補地だった「東北」。今回行っても、とにかくきれいな風景が多いところだなーと思ったので、これからはそれを堪能していきたいと思います。
タケムラ | 2011/05/13 22:15
岩手吉里吉里の支援は次のステップに入っています。薪風呂はほぼ完全に地元被災者の方々に移行しました。次は仕事づくり、収入づくりです。リアス式沿岸部の主業は養殖業とその加工業です。これの復活までにはちょっと時間がかかりますね。一昔前は漁業で儲かったお金を山へ投資し、漁業+林業で生業になっていたとのこと。近年これが分断されていたのですが、これを復活させられれば仕事と収入を得られる仕掛けができます。ここらの沿岸漁業は山と直結しています。故に「森は海の恋人」なのです。下手な(特に大規模な)林業施業は漁業を壊滅させる可能性があります。数年前の物部川のように(国有林の大規模施業がかなり影響している)なります。故に漁業者が林業をおこなう「漁家林家」がベストです。こういう小規模で山に丁寧な施業は、脱温暖化・環境共生社会に転換させるにはぴったりなのです。故に壊滅した地域で「漁家林家」にて仕事をつくりながら、これまでどうしてもできなかった社会転換をするチャンスともいえるのですね。被災地復興と脱温暖化社会の一石二鳥をねらってやってます。キーワードは「復活の薪」「復活の自伐林業」「復活の漁家林家」ですな。
nakajima | 2011/05/24 11:44
中嶋さんのやってる取り組みって、ほんますごいと思います。現場の力を育てるための取り組みって、案外少ないと思うんですよね。企画する側が主に喜んでいるだけのはなしが多いなかで、その先までつながったプログラム。超影ながら応援してまする。
タケムラナオヤ | 2011/05/28 01:02
COMMENT









Trackback URL
http://takara-machi.jugem.jp/trackback/227
TRACKBACK
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2011/05/13 12:47
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2011/05/14 13:26
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2011/05/24 12:33
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2011/06/10 19:32